2018年3月29日(木)・30日(金)・31日(土)・4月1日(日) 東京ビッグサイト インターペット2018にてトリミングコンテスト開催

コンテストについて

ハッピーグルーミングコンテストは、
アジアを中心とした世界のサロングルーマーを対象としたグルーミングコンテストで
初級から上級まで様々な部門にてグルーミング技術を競います。

サロングルーマーの技術向上と動物に対しての啓蒙活動を広める為に
目標となる場所を用意しました。

またスターグルーマーの発掘・育成を行い
グルーマーの地位向上と発展を目指します。

この機会にハッピーグルーミングコンテストに参加して楽しんでみませんか!

2018年のコンテストは終了しました。
ご参加いただきまして誠にありがとうございました。

2018年 受賞者

2017年 受賞者

開催概要

会場

東京ビックサイト(東京国際展示場) 東京都江東区有明3-11-1
東1~4ホール「Interpets」内 特設会場(東3ホール)

マップ

日時

2018年3月29日(木) 10:00~17:00
2018年3月30日(金) 10:00~17:00
2018年3月31日(土) 10:00~17:00
2018年4月 1日(日) 10:00~14:00

タイムテーブル

スケジュール

12月1日(金)

競技者 募集開始予定

3月29日(木)

クイックグルーミング部門(エントリークラス/オープンクラス) コンテスト開催

3月30日(金)

サロンスタイル部門、ダブルス部門 コンテスト開催

3月31日(土)

レスキューグルーミング部門、クリエイティブ部門 コンテスト開催

4月1日(日)

JAPAN OPEN STYLE コンテスト開催

クラス

クイックグルーム部門
エントリークラス

実務経験3年未満の初心者がエントリーできます。
対象犬種を制限時間40分以内に仕上げる、時間にこだわったクラスです。

クイックグルーム部門
オープンクラス

実務経験3年以上のクラスです。
対象犬種を制限時間40分以内に仕上げる、時間にこだわったクラスです。

ダブルス部門

2名1組で1頭の犬を仕上げる! 世界初のチームスタイルです。
先輩&後輩、店長&副店長、チーフ&サブチーフ、他のお店とコラボエントリーなどなど、楽しみながら競技に参加できます。普段のサロンワークでよくある光景をコンテストスタイルにしました。チームワークで仕上げてください!

サロンスタイル部門

普段より、サロンで行なっているグルーミングスタイル。
スプーレアップや毛染めやリボン等の装飾など、その場限りではないスタイルでバランス、アイデア、技術力を審査します。

レスキューグルーミング部門

大会実行委員会にてレスキュー団体協力のもと準備した保護犬をトリミングします。
初めて出会ったモデル犬に、制限時間180分以内にシャンプーから仕上げまでを行います。

クリエイティブ部門

カラーリングやエクステーションなどを自由に使用してよい部門です。
独自のセンスとデコレーションでオリジナリティあふれるデザインを披露してください。

JAPAN OPEN STYLE

スタンダードからペットクリップまで、どんなスタイルでもOKのクラスです。
腕に自信のある方、ぜひこの機会にチャレンジしてください!

さらに詳しく

参加資格

  • クイックグルーミング部門はトリマー歴3年未満と3年以上(学生時代含まず)でクラスが分かれます。(自己申告)
  • 犬種は問いません(ミックスでも可)
  • 6週間以上グルーミングされてない犬であること
    • *6週間以上クリッパーやハサミなどを使ってないこと
    • *ただし、肛門周り、サニタリーはハサミやバリカンを許可されます。
    • *美容前と美容後の大きな違いが高く評価されるので、
       毛の伸びの遅い犬は6週間よりかなり前に調整を始める事をおススメいたします。
    • *毛の短い犬は出場できません。
    • ※レスキューグルーミング出陳犬は対象外
  • 狂犬病予防接種証明書を提出してある(他のワクチンも接種している事が必要)
  • 生後10ヶ月以上10歳以下であること
  • ヒート中のメスは不可
  • 妊娠中は不可
  • 毛は健康的かつ清潔で毛玉のない状態であること
    • *皮膚の状態が悪い、健康状態が悪い犬は出場が認められません。
    • *ダニ、ノミがいる場合は出場できません。
    • ※レスキューグルーミング出陳犬は対象外
  • プリジャッジ(コンテスト開始前の審査)の時に、コームがスムースに入ること
  • 他のエントリーされた犬に攻撃的、ほえる、落ち着きがない場合は出場できません。
    • ※レスキューグルーミング出陳犬は対象外
  • 耳掃除、爪切りが済んでいる状態

コンテストルール

ルール

  • コンテスト中にカラーリング行為はしてはいけない
  • チョーク、パウダー、スプレーの使用は可能ですが審査員はコームを入れて審査します。
    • *入れすぎてコームが通らない場合は減点になる場合もあります。
  • コンテストがおこなわれている会場での飲食は禁止されます。
    • *ただし、エントリー参加者、アシスタント、審査員、関係者のみ水分補給は可能
  • 写真撮影のフラッシュは禁止
  • 13歳以下はコンテスト会場に入れません(見学者を含めて)
  • コンテスト会場内で犬を放してはならない
  • 犬はクレイト内か、リードをつける
  • 犬に水を与えるための水入れは持参する(いつでも与えてよい)
  • 犬のトイレの始末は各自で責任をもっておこなう。
    • *すべての犬のトイレはコンテスト前にすませておくこと
    • *コンテスト最中でもトイレは可能
  • コンテスト最中にも参加者や、犬がトイレに行く許可はとれます。
  • エントリー参加者がテーブルから離れたい場合は係員に申し出て、
    代わりにアシスタントや他の人が犬のそばにいて見ていないといけない。
  • グルーミング道具は危険性がなければ何を使用してもよいが、
    すべてをテーブルの下に保管して他のエントリー参加者の迷惑にならない配慮が必要です。
  • コンテストルームにコンテスト参加以外の犬は入れません。

失格事項

  • コンテスト参加に出場できる条件を備わっていない
  • コンテスト開始時間までにチェックインが終了されていない場合
  • 競技中、犬に怪我をさせた場合
  • 犬をのせたテーブルを離れる(2度目の注意で失格となります)
  • 態度が悪いと関係者が判断した場合
  • 他のコンテスタント(出場者)に迷惑と思われる行為を行なった場合
  • コンテスト最中にアドバイスやコーチを受けたり、写真や絵など参考になるものを見る
  • コンテスト最中に、携帯電話、ヘッドホンなどを使用する
  • 不適切な犬の扱いが見られる場合
  • 不適切な道具の扱いが見られる場合
  • 競技に服装が適切ではない場合

以上の内容や、それ以外でも審査員が適切ではないと判断した場合

コンテストの流れ

プリジャッジ(コンテスト開始前の審査)までの過程

  • すべての犬のトイレはコンテスト前にすませておくこと
  • コンテスト最中でもトイレは可能
  • コンテスト参加者はプリジャッジ(コンテスト開始前の審査)開始の10分前には、リング内にいなくてはならない
  • 道具などの用意はそれまでに完了させておく。
  • エントリーナンバーバッチが自分についているか確認する。
  • エントリーナンバーシートがテーブルについているので、自分についているエントリーナンバーバッチと同じ番号か確認する。
  • アシスタント1名のみリング内で準備の手伝いができる
  • コンテスト開始時間前にリングに入ればコンテストを受ける事はできるが、プリジャッジ、
    審査前撮影はおこなわなくてはならないので、コンテストが開始されていてもグルーミングをはじめてはならない。
    (グルーミング時間が短くなります)
  • コンテスト開始前に、電源が入るかパワーの確認は必ずおこなう。
  • テーブルやアームは会場のものを使用するが、持参しても良い
  • グルーミングアームは必ずテーブルにつける。

プリジャッジ開始

  • プリジャッジ開始少し前にアナウンスがあります。
  • アシスタントはすみやかにコンテストリングを離れること。
  • 審査員とカメラマン、ショー関係者のみリング内に入れます。
  • テーブルの上には犬と美容に使用するコーム1本だけを準備してください。
  • プリジャッジが開始されるまで、参加者は犬にコーミングのみ可能です。
  • 審査員がテーブルに近づいて審査を開始する合図がでたら、コームを審査員に渡す。
    この時コームの通りが悪いと減点対象となる。(もつれ、毛玉など)
  • 審査員が他の犬を審査中、待っている間に、コーミングのみ行って良い。
  • プリジャッジが終了したら犬をテーブルの上でスタック(正しく立たせる)させて、カメラマンが美容前の写真を撮影する。
  • コンテスト開始の合図がでるまで、コーム以外の道具はテーブルにのせずに待機する。

コンテスト開始

  • 開始のアナウンスが流れたらグルーミングを開始してよい。
  • 周りの人々が不愉快に感じる言葉は発しない。
  • 犬の扱いも評価されるので(審査員やショー関係者)ジェントルに扱う
    • *扱いが悪いと退場の場合もあります。
  • 各クラスによって与えられた時間が違うので、その与えられた時間内にすべてを終わらせる。
  • トイレに行きたい場合は係員に知らせて、アシスタントか他の人が犬と一緒に、テーブルにつく。
    (時間は加算されません)
  • 水分はいつでも補給してよい。
  • 何かしらの注意がショー関係者からあった場合、従うこと。従えない場合は退場になる場合もある。

コンテスト終了

  • TIME IS UP!審査終了の合図があったら(各クラス時間に違いがあります)
  • 犬の首にループ(ヌース)をかけてアームにつなぎます。
  • コーム以外の道具はしまいます。
  • テーブル上の毛を取り除き、審査準備をお願いします。
  • 審査員と関係者、カメラマンがリング内に入ります。

審査開始

  • コームは審査員に渡します。
  • 犬をスタックさせる。
  • 審査員の指示にしたがい審査を受けます。
  • 審査中は審査員のみコームを入れます。
  • 審査の順番を待つ人は、審査員が来るまでコーム、ブラシのみ入れてよい。
  • 質問はこの時にしてはならない。
  • コンテスト終了後に審査員に質問やアドバイスをもらう事ができるが、自分を審査した審査員にだけする事ができる。

タイムテーブル

1日目 (2018年3月29日)

8:00

入場開始

9:00

クイックグルーミング部門エントリークラス 受付開始

9:45

エントリークラス チェックイン

10:00

エントリークラス プリジャッジスタート

10:30 ~ 11:10

エントリークラス 競技

11:30 ~ 11:50

エントリークラス 審査発表、写真撮影

11:45

クイックグルーミング部門オープンクラス 受付開始

12:45

オープンクラス チェックイン

13:00

オープンクラス プリジャッジスタート

13:30 ~ 14:10

オープンクラス 競技

14:30 ~ 14:50

オープンクラス 審査発表、写真撮影

2日目 (2018年3月30日)

8:30

入場開始

8:30

ダブルス部門 受付開始

9:00

ダブルス部門 チェックイン

9:30

ダブルス部門 プリジャッジスタート

10:00 ~ 11:00

ダブルス部門 競技

11:00

サロンスタイル部門 受付開始

11:20 ~ 11:40

ダブルス部門 審査発表、写真撮影

12:00

サロンスタイル部門 チェックイン

12:15

サロンスタイル部門 プリジャッジスタート

12:45 ~ 14:15

サロンスタイル部門 競技

14:35 ~ 15:00

サロンスタイル部門 審査発表、写真撮影

3日目 (2018年3月31日)

8:30

入場開始

8:30

レスキューグルーミング部門 受付開始

9:00

レスキューグルーミング部門 チェックイン

9:30

レスキューグルーミング部門 プリジャッジスタート

10:00 ~ 12:30

レスキューグルーミング部門 競技

12:30

クリエイティブ部門 受付開始

12:50 ~ 13:10

レスキューグルーミング部門 審査発表、写真撮影

13:15

クリエイティブ部門 チェックイン

13:45

クリエイティブ部門 プリジャッジスタート

14:15 ~ 15:45

クリエイティブ部門 競技

16:05 ~ 16:30

クリエイティブ部門 審査発表、写真撮影

4日目 (2018年4月1日)

9:00

JAPAN OPEN STYLE 受付開始

10:00

JAPAN OPEN STYLE チェックイン

10:30

JAPAN OPEN STYLE プリジャッジスタート

11:00 ~ 13:00

JAPAN OPEN STYLE 競技

13:20 ~ 13:50

JAPAN OPEN STYLE 審査発表、写真撮影

審査員

中島かおる

日本にて、警察犬訓練見習い、ショーアシスタント、ペットグルーマーなどの経験後、アメリカでプロフェッショナルハンドラー バーバラ ハンフリー女史のアシスタントになる。

アメリカはサンディエゴで1995年KM DOG CO、KN Tour Service Incを設立して独立。
セミナー講師、スタイリングコンテストの公認審査員をアメリカで勤めながら、プライベートではレスキューチームや保健所に協力をして新しい飼い主に巡り会えるプログラムを獣医さんと共に活動を行うかたわら、週末はドックショー、時にはコンテストチャレンジでヨーロッパへも勉強へ行く。

日本からの研修生はもちろん世界中から集まるスタイリスト達のプライベートクラスをおこない犬業界向上のために日本、メキシコ、アメリカなど、各国でのセミナー講師やコンテスト開催に力を入れている。

髙木美樹

スピードトリミング®でおなじみのTALLTREEオーナーグルーマー。
プードル1頭を1時間で仕上げるグルーミング方法を、全国各地のセミナーで指導、講師を務める。
スピードトリミングカリキュラムにて、犬に対しての優しさ、負担の軽減、道具へのこだわりなど、常に探究心を持ち、新しいスタイルを確立し続ける傍ら、海外のグルーミングコンテストへも積極的に参加し多くの入賞経験を持つ。

2010年 アトランタぺットフェア― First Timer Best In Show 受賞
2010年 日本ペットビジネススクール協会 ドッグデザインコンテスト 最優秀賞 受賞
2013年 KM DOGスタイリングコンテストJAPAN ベストインスポーティングスタイリスト受賞

Victor Rosado

スポーティング、ハンドストリッピング、ハサミ犬種、そしてプードルの競技会合わせて100賞以上の多数の“Best In Show”や”Best All Around”の優勝経験を持ち現在は、USAランキングで、Groom Team USAのトップグルーマーとして活躍しています。

Federacion Canofila de Puerto Rico(FCPR/FCI)に登録された全犬種で認可された国際的なジャッジです。また、国際的に登録されたグルーミング競技会EGAジャッジでもあります。世界中でたくさんの経験から、グルーミングショーのジャッジを行っております。

American Spaniel Clubのメンバーであり、ブリーダー、出陳者、そしてShowstarという犬舎で25年以上アメリカンコッカースパニエルのスペシャリストであります。多数の国でとった多数のBISを含め、チャンピオン、グランドチャンピオン、インターナショナルチャンピオンのブリーダーであり、さらにAKCとFCI両方で多数の国で最高ランクMeritのAKCブリーダーです。スポーティングとテリアを専門としています。

賞暦
World Grooming Gold Champion Belgium 2017受賞。
USA Groomer of the Year 2017.受賞。
Groom Team USAの殿堂入りグルーマー。
Belgium 2017のGT Travel Team member。

山本晃子

横浜の人気サロン「Dogサロン タロイモ」「TAROIMO for private」の2店舗のオーナーグルーマー。
併設のBayflower犬舎ではシルバーのトイプードルを専門にブリーデングを行なっており、日本国内のみならず海外のドッグショーへも足を運び、多くのチャンピオン犬を作出させるショーブリーダーでもある。

福山貴昭

ヤマザキ学園大学 講師
危機管理学修士
ペットグルーミングスペシャリスト
認定動物看護師
SFSPCAヒアリングドッグトレーナー修了

ヤマザキ学園ではグルーミング実習を担当し、現在まで7000名を超えるグルーマーを養成してきました。技術的には非常に成熟しているグルーミング(トリミング)の分野に、「動物福祉」の概念を根付かせたい!という思いで教鞭をとっています。大学では危機管理学をベースとして、グルーミング作業に関連したリスク管理とペット防災について研究しています。今の日本のペット業界に必要なのは「専門性よりも領域性、スペシャリストよりもジェネラリストだ!」と勝手に思い、日々色々な分野に興味を持ち勉強しています。著書・TV出演多数。Act On TV『教えて!福山先生の動物学園』も絶賛公開中!

運営

主催 メッセフランクフルト ジャパン株式会社
Happy Grooming コンテスト実行委員会
有限会社ハッピーベル
協賛
日本アニマル倶楽部株式会社 モビィ株式会社
Andis company Heiniger AG
Shernbao Pet Products Manufacturing Co.,Ltd. 株式会社ニチドウ
MAURO PET CARE 株式会社昭和化学
つなぐ株式会社 株式会社ドリーム産業
株式会社ペティエンスメディカル 有限会社ワンクスクリエイション
株式会社Bellwoods 株式会社P&Lジャパン
株式会社ベッツ・チョイス・ジャパン ケイプロペット
後援 非営利一般社団法人 日本ペットサロン協会
運営・コーディネーター 株式会社プランテージ / 株式会社ワンズアップ